• 佐野公俊副院長・稲葉泉部長による「第3回 脳神経外科手術ビデオセミナー開催

佐野公俊副院長・稲葉泉部長による「第3回 脳神経外科手術ビデオセミナー開催

当院副院長・脳神経外科顧問の佐野公俊医師の「日本全国のyoung neurosurgeon に脳動脈瘤手術を学んで欲しい』という意志のもと、関東を中心に脳神経外科診療に携わる先生方を対象として、手術手技ビデオを用いて検討する脳神経外科手術ビデオセミナーの第3回目が、平成22年12月7日、当院1階ライブラリーで開催されました。

座長である当院脳神経外科部長の稲葉泉医師により司会・進行がなされ、3つの演台の後にはコメンテーターとして日本大学松戸歯学部付属病院脳神経外科・平山晃康教授、東京労災病院脳神経外科・氏家弘部長、そして佐野公俊副院長が中心となって、“本音”も飛び交うざっくばらんなディスカッションとなりました。さらに、これまで幾度もの“修羅場”を経験してきた佐野副院長による「出血時の対処の仕方」についてのワンポイントレクチャーもありました。今回は17施設・31名の医師と7名のコメディカルが参加し、当院からは放射線科部長・松山正也医師や診療技術部長・阿部三男技師らも参加下さいました。

セミナー終了後も熱心に佐野医師へSano Clipの使い方などのアドバイスを求める声もあり、シャンパンやオードブルも振る舞われるクリスマス直前の和やかな雰囲気の中、確実に本邦の脳神経外科手術の技術向上に貢献する有意義なセミナーとなりました。 次回は3月8日(火)に開催する予定です。

演題はこちら(PDFファイル)

佐野公俊副院長・稲葉泉部長による「第3回 脳神経外科手術ビデオセミ ナー」開催