佐野副院長・稲葉部長による「第10回脳神経外科手術ビデオセミナー」開催

平成24年9月11日(火)、当院ライブラリーにおいて「第10回脳神経外科手術ビデオセミナー」を開催しました。「全国の若い脳神経外科医に脳動脈瘤手術を学んで欲しい」というコンセプトで始まったこの勉強会は早くも10回目を迎え、今回も関東を中心に30名を超える医師・コメディカルが集まり、手術手技の症例ビデオをもとにディスカッションを行いました。座長の稲葉部長の司会進行により、名だたる6名のコメンテーター医師と会場の医師により忌憚ない意見が飛び交う熱い議論が繰り広げられました。

そのなかでも、当院放射線科の田村 智 放射線技師による発表『paraclinoid aneurysmの3DCTに於けるoptic nerveの描出-その方法と現状の問題点-』では、放射線科・脳神経外科のチームによる高度な撮影技術を駆使したあくなき探究心に「学術的に価値がある」と参加の先生方から多くの称賛を頂きました。

ワンポイントレクチャーではスーパーバイザーの佐野副院長が「手術手技のあれこれ」と題して、clippingの手技について、これまで蓄積されてきた症例の数々を映像で解説しました。

次回は12月11日(火)に開催予定です。

*