心臓血管センター・伊藤医師による「新川橋公開講座」

平成23年2月24日(木)、日本冶金工業株式会社 川崎製造所様におきまして、ABI検査を実施いたしました。

ABI検査とは、約5分~10分で、両腕と両足の血圧を同時に測定する簡単な非侵襲的検査で、足の動脈の詰まりを非常に高い確率で見つけることができます。

日本冶金工業㈱様では、昨年の10月・12月に続いて3回目の実施となりますが、今回も、卓球場をお借りし、同社看護師の浅野美保様が希望者を募られ45名様が検査を受けることとなりました。

会場設営と受付は身長約2メートルの期待の新人・健康管理センターの種村事務員が担当し、中央検査科の神崎臨床検査技師、健康管理センターの佐藤副科長のコンビで安全かつ迅速に検査を実施、結果を浅野看護師が確認して指導、ハイリスクの方は循環器内科部長の田中守医師が指導する流れで、スムーズに検査を受けて頂くことができました。

浅野様からは「専門家の田中医師から直接指導を受けることができて、日々の生活習慣の改善の意識付けに繋げることができた」との評価を頂きました。

循環器内科・田中 守部長による出張ABI検査1

循環器内科・田中 守部長による出張ABI検査2