• 新川橋公開講座「眼から長生き・足から長生き」「自宅で出来る足の観察とケア方法」

新川橋公開講座「眼から長生き・足から長生き」「自宅で出来る足の観察とケア方法」

6月25日(月)、本館ライブラリーにおいて、新川橋新川橋公開講座「眼から長生き・足から長生き」「自宅で出来る足の観察とケア方法」が開催されました。 心臓血管センター長の小山豊医師と看護部主任の川島幸美看護師のお話に20名の皆様がお越しになられました。

*

小山医師は“心臓を中心に目も足も繋がっている”ことから、目の病気と足の血管の病気の関係性についてわかりやすくお話しました。足のしびれや痛みは「血管の詰まり」も原因の一つであることがわかりました。

*

川島看護師は、足の観察(フットケア)の大切さを、実体験をもとにわかりやすくお話いました。靴や靴下の選び方、クリームの塗り方にもコツがあるようです。

≪綜合新川橋病院では「足の相談外来」も行っております≫ http://shinkawabashi.or.jp/PDF/foot.pdf

この小山医師と川島看護師による講座は、マイクやスライドを使いませんが、より身近で“お話”が楽しいと好評です。