眼科部長・薄井紀夫医師の「眼の健康相談」~インフルエンザのお話

平成24年2月2日、本館ライブラリーにおいて眼科部長・薄井紀夫医師による毎週木曜日恒例の「眼の健康相談」が行われました。乾燥した気候でインフルエンザが流行しやすい季節でもあり、今回はテーマを変えて「インフルエンザ」についてお話しをしました。 インフルエンザの中でもウィルスについて焦点を当てて、ウィルスの大きさやその特性を解説し、効果的な防御方法についてわかりやすくお話ししました。ワクチンのお話では、ウィルスを「犯人」免疫を「警察」に置きかえるなど、またウィルスのお話では、日本列島を「人」に例えてウィルスは甲子園球場の大きさ??といった、いつもの眼の健康相談と変わらない、わかりやすく楽しいトークで、参加された20数名の皆様からは絶えず笑いが起きていました。

質問コーナーではやはり眼の健康相談が多数・・・。

「インフルエンザは特性を理解して防御策をとれば怖くない!」「眼の病気は眼科の病院に掛れば怖くない!」といった薄井医師のメッセージが届いた「眼の健康相談」でした。 次週2月9日も同様のテーマでお話します!

*