第23回臨床心臓病談話会開催

平成24年1月29日(日)、第23回臨床心臓病談話会が当院1階ライブラリーで開催されました。

この会は43年前に発足した「臨床心電図の会」から始まり名称を変更して通算86回を迎える歴史ある勉強会です。19施設26名の医師・コメディカルが参加し、定刻の10時に事務局長の当院心臓血管センター長の小山豊医師の挨拶で始まりました。

当院からは心臓血管センターの田中守部長、林英次郎医師、放射線科の松山正也部長、非常勤の松川和世医師、中央検査科の宮原菜弥技師が参加し、各演題や症例検討では白熱した議論が展開されました。

今回は、歴史ある臨床心臓病談話会の発起人である和田敬先生と太田怜先生が勉強会から引退されることを表明され、お二人の先生に特別講義をして頂きました。そして参加者一同より、循環器医療の“教科書”を作られた偉大なお二人の先生に、これまで教え導いて下さったことを感謝申し上げました。

次回は8月5日(日)に開催予定です。

*