乳腺外科

乳腺外科からのお知らせ

  • 休診等のお知らせはありません。

乳腺外科は完全予約制となっております。

  • 外来診療は月・水・金の午前中のみです。
  • 乳がん治療中心の外来のため、乳がんの診断がついている方の診察が優先です。
    受診を希望される方は、一度お電話下さい。 電話 044-222-2111(代表)

特色

2000例を越える乳癌手術の経験を生かし、乳房疾患の診察・治療を行います。診断から初期治療・手術・再発治療・病状進行時の相談まで担当しているため、治療途中で主治医が交代になることはありません。

治療を受ける患者様の身体的・社会的状況を考慮し、相談しながら治療を進めます。乳がんと診断されても可能な限り乳房温存を目指します。癌治療ガイドラインを強く勧めることはありません。過剰な治療にならないよう、治療後の生活の質が落ちる事のないように心がけます。

手術症例・実績(各年1~12月)

術式・疾患 2017年 2018年 2019年
乳房温存手術(部分切除術) 87 57 50
乳房切除術(再建含む) 11 10 17
その他(リンパ手術、葉状腫瘍、腫瘍切除、良性腫瘍など) 20 33 14
合計 118 100 81

医師紹介

村山 章裕

村山 章裕 MURAYAMA AKIHIRO

役職 乳腺外科部長
専門医・認定医 日本外科学会専門医・指導医
日本乳癌学会認定医
日本医師会認定産業医
コメント 1980年代後半より乳癌に対する乳房温存療法普及のお手伝いをしてきました。2009年までは神奈川・湘南地域を拠点として診療してきましたが、日本各地から受診される患者様が多いため、2010年より利便性の高い川崎・新川橋病院で診療しています。遠方から受診される際、空路(羽田空港)、新幹線(品川駅/東京駅)が利用できるので便利です。
外来診察から手術・術後治療も担当医が代わることがありませんので、ひとりひとりの患者様の病状を細かく把握でき、治療の流れがスムーズです。またガイドラインを遵守するだけの通り一遍な治療は行わないように心がけ、お仕事やご家族の状況も考慮して治療相談を行っています。
川崎地区の医療機関とも連携を深め、隔月で乳腺勉強会を開催し、症例検討や新しい治療情報の確認を行っています。
個人的には、これまで2,000例を越える乳癌手術を担当しています。

村山医師によるセカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来とは?

セカンドオピニオンとは日本語では「第二の意見」、すなわち「主治医以外の医師の意見」という意味で、病気の診断や治療方法について、現在治療を受けている医療機関の主治医以外の専門医師に意見を聞き、患者様自らがより良い治療方法を選択できるようにしていくために行われるものです。

セカンドオピニオンの内容について

セカンドオピニオン外来は診療ではないため、治療や検査は行いません。受診の際には、現在治療を受けている医療機関の主治医の診療情報提供書、検査データ、レントゲンフィルム等の資料が必要です。提供された診療情報等に基づき治療について意見を述べます。

セカンドオピニオンの対象について

『他院で乳がん(初発・再発)を診断されて手術・薬物療法を受けている(受けようとしている)患者様』又は『そのご家族』です。

相談時間および料金について

ご相談時間は 30分前後とさせていただきます。料金は1回あたり 20,000 円(消費税込)です。
※村山医師のセカンドオピニオン外来については保険が適用されません。

実施日および申し込みについて

事前申し込みによる『完全予約制』です。※時間・曜日は要相談

【ご予約・お問合わせ先】
総合新川橋病院 地域医療連携課
代表電話 044-222-2111