心臓血管センター・林医師による「救急隊と医師の勉強会Vol.3」

平成23年1月24日、川崎消防局講堂において「救急隊と医師の勉強会Vol.3」が開催され、心臓血管センターの林英次郎医師が「狭心症および心筋梗塞について」および「症例検討」についての講義をしました。冠動脈の構造から始まり、病変を起こす原因、患者が訴える症状について、白板を使っての講義と、狭心症の治療法については実際の影像でカテーテル治療の有効性について解説しました。その中で林医師が「心臓血管センターの使命としていかに狭心症の段階で病変を見つけて治療するか」を強調されていたのが印象的でした。講義中にも随時、救急隊員からの熱心な質問も飛び交い、続いての「症例検討」でも、当院へ救急搬送後された症例の搬送後経過については、より活発な質疑応答となりました。

救急隊のシフトに合わせて参加しやすいように、同一テーマを2回実施しており、次回は同じテーマで2月28日に実施します。

*