• 心臓血管センター・林 英次郎医師による新川橋公開講座「眼から長生き、足から長生き」を開催致しました!

心臓血管センター・林 英次郎医師による新川橋公開講座「眼から長生き、足から長生き」を開催致しました!


平成24年1月16日(月)、本来であれば小山 豊 心臓血管センター長が講師予定であった 新川橋公開講座を都合により当センター、林 英次郎医師が急遽ピンチヒッターとして行う事になりました。テーマは毎月小山センター長が行う「眼から長生き、足から長生き」。林医師はどう講義するのか・・・


しかしそこは“さらり”とこなす林医師。「眼」、「心」、「足」の大事な“つながり”、動脈硬化についての説明と早期予防、早期発見の重要性を中心にお話し、講演中に挙がった「心肺蘇生」の質問に対しては“BLS(Basic Life Support・・一次救命処置)”の説明を行い、わかりやすく且つ的確な回答を行いました。


又、今回も同時に開催した看護部・川島幸美主任による「自宅でできる足の観察とケア方法」では当院で開設した「フットケア外来」の説明と常日頃からのケア方法をお話致しました。 尚、講義終了後には、動脈硬化の早期発見へ非常に有効である「ABI検査」をご