新川橋公開講座

平成23年12月12日(月)、本館1階ライブラリーにおいて、新川橋公開講座・心臓血管センター編「カテーテル検査と治療のお話」、放射線科編「エックス線検査のあれこれ」を開催致しました。講師は心臓血管センター・林英次郎医師、放射線科・田倉寛恵技師。今回は23名の皆様にご参加いただきました。

田倉技師による「エックス線検査のあれこれ」では、多くの撮影方法、種類があり、皆様が常日頃から疑問に感じていたと思われるエックス線検査内容(この検査で何がわかるのか?等)について田倉技師がわかりやすくお話致しました。

林医師による「カテーテル検査と治療のお話」では、開胸する必要があり大きな負担となる「心臓バイパス手術」に変わるゴールデンスタンダード、現在心臓病治療の90%を占める「心臓カテーテル治療」を映像を交え説明致しました。

来院前には痛みで歩く事もままならなかった方が、20分程の短い時間「カテーテル治療」を行った事で翌日から通常の歩行が可能となったというお話に、参加された皆様はメモを取るなどして真剣に聞き入っておりました。

講演終了後には動脈硬化の早期発見に有効である「ABI検査」を実際に体験していただきました。

次回の当講座は来年1月23日(月)の開催予定です。 確定次第当院ホームページ、「新川橋公開講座スケジュール」内にて月間予定表を掲載致します。

*